ノーブランドの釣り具買取の秘訣とは

>

高価買取のコツとは何か

状態が値段を決める

どんなものでもそうでしょうが、ものには相場があり、その相場から傷がどの程度あるか、今現在の人気はどうなのか、再販が可能かどうかということを決めます。
その中で自分が出来ることと言えば、キレイな状態で売りたいものを出すということに限ります。

先ほども少し記載をしましたが、買い手が買いたいと思うような状態で出すことが必要です。
売るときには出来るだけ使用感は決して出すようにしていますが、どうしても消えないところもあります。
また、売るときのメンテナンス費用も考えなければなりません。
売るためにメンテナンス費用がとてもかかるときはその分査定額から減額を背ざる負えません。

常に丁寧な使い方をしているものとそうでないものでは値段も変わってくると言ってもいいです。
売るときにはキレイにメンテナンスをして出しましょう。
それが高く売るためのコツと言えるでしょう。

出すときには一手間加える

・ロッド
大前提としてちゃんと使える状態になっているかを確認しましょう。
付属品はきちんとそろっているかどうか、壊れている部分があるかないかを見ておきましょう。
ロッドは常に真水洗い、乾かしてキレイな状態にしておきましょう。
ガイド部分は汚れがたまりやすいので注意して見ておき、清掃をしておきましょう。
洗った後は天日干しではなく、日陰干しで風通しの良いところで乾かしましょう。
また、研磨剤入りのワックスでは磨かないようにしましょう。
傷つけてしまう恐れがあるので絶対に使わないでおきましょう。

・リール
こちらも大前提として使える状態になっているかどうかを確認しましょう。
リールの場合は水洗いできるタイプ以外は水洗いは厳禁です。
中まで水が入ってしまって使い物にならなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。
汚れていた場合にはきちんとふき取り、使わない時も適度に動かしておきましょう。